ニャンとの楽しい毎日

私と猫、家族の日常。時々、猫以外のことも(お出かけ、写真、本など)書いてます。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




パワーショットS100で撮ってみた! :: 2012/08/06(Mon)
この前、ブログ拍手で同じパワーショットを使っている方から、コメントを頂きました。

そこで、 【CANON PowerShot S100】 を使って、カイ君を撮ってみることにしました。


撮影日は7月29日。

全ての焦点は、カイ君の顔あたりです。
(自動的に四角いマークが出る)

フラッシュは強制禁止、AF時に赤く点滅するライトも消す設定にしてあります。



画像は、今使用しているサイズ520pix×344pixに合わせて、リサイズ&トリミングをしました。
(同倍率で縮小し、余計な部分をカットしました)


※私の場合、K-5で撮った画像を縮小する時に、
画像ソフトで横520と数字を入れると自動的に縦が344になります。
たまに、縦と横を自分の好きな数字を手入力をしたのか、画像が変形しているブログを見ます。
雑誌や本を見て、目で写真を覚えるのがベストです。




廊下にいるカイ君
【CANON PowerShot S100 絞り優先モード F8 1/5秒 ISO-400 露出補正0】



父が一番最初に撮ったのはカイ君でしたが、その時、カイ君の顔が白く写っていました。

この写真も白っぽく写っているので露出補正を-2/3(-0.7)に設定をして、

カイ君のあとを追いかけることにしました。
(ついでに、F値とISO感度も変えました)



首を長くして見ているカイ君
【CANON PowerShot S100 絞り優先モード F5.6 1/50秒 ISO-200 露出補正-2/3(-0.7)】


目で見た状態に近くなりました。



外を見ているカイ君
【CANON PowerShot S100 絞り優先モード F5.6 1/50秒 ISO-400 露出補正-2/3(-0.7)】


外を見ているカイ君は、気になる物を目で追いかけるので、動きがとても速くなります。

ISO-1600にしようか迷ったのですが、ISO-400にしてみました。



気になる方を見ているカイ君
【CANON PowerShot S100 絞り優先モード F5.6 1/50秒 ISO-400 露出補正-2/3(-0.7)】



シャッタースピード優先にしようか考えたのですが、

液晶画面で設定を変更するのが分からず断念しました。

F値、ISO感度、露出補正の設定を探すのにかなり時間がかかったので、

疲れて面倒くさくなっちゃったんです。。。




白い物には露出補正をプラス、黒い物には露出補正をマイナスにするといいと、

どこかで読んだことがありますが、

今回はカイ君が白く写り過ぎるので露出補正をマイナスにしました。



他にオートで何枚か写真を撮りましたが、絞り優先でなくても十分綺麗に撮れました。

もし、猫が白っぽく写っていたら、露出補正をマイナスにするだけでも違うと思います。



春にペンタックス主催の 「K-5の使い方」 の講座を受けたのですが、

「今はISO1600でも綺麗に撮れるようになっているので、どんどん使ってください」

と、言われました。



今回はISO-200、ISO-400で撮りましたが、

私は室内撮影(カイ君)ではISO-1600で撮ることがほとんどです。



昨年のコメント欄で、高感度対応のデジイチでISO3200が実用的なボディをオススメしてくれた方、

焦点は目にすると良いとアドバイスをしてくれた方に感謝してます。

(ペンタックス主催の講座でも、同じようなことを聞きました)



話が長くなってまとまらなくなるので、このへんで終わりにします。



同じパワーショットを持っている方へ。

一緒に、上手に使えこなせるようになりましょうね!




そして、ド素人に毛が生えた程度の私の文章にお付き合いくださり、

ありがとうございました。






関連記事


テーマ:猫写真 - ジャンル:ペット

  1. カメラ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。